昨今、とてもよく耳にするリノベーション(リノベ)ですが、なんとなくその意味は把握していて、イメージで使っている方って多いようです。でも、リノベーションのそもそもの本来意味ってどんなの?リフォームとはどう違うの?・・・などなど、気になるその辺のところ、ちょっと調べてみました。

 

リノベーションってどういう意味?

リノベーション(renovation)とは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり付加価値を与えることである。マンションの一部屋から一棟、また、木造・RC造・鉄骨造等、特に構造に関係なく行うことが可能。(出典:wikipedia )

「リノベーション」ですが、既存の建物に大がかりな工事を施し、新築と同等かそれ以上の性能や価値を向上させることをいいます。

 

どうやら、「既存の物件に何らかの付加価値付け、価値を向上させる事」がリノベーションのようです。うーん・・・、でも、これだとリノベーションの意味はわかりましたが、混同されやすい「リフォーム」という言葉との違いが、よくわからないですね。もう少し調べてみましょう。

 

リノベーションとリフォームの違いは?

では、リフォームとはどんな場合に使われているのでしょうか?

 

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語のreformは「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語はrenovation、refurbishである。(出典:Wikipedia)

 

説明通りに意味を取れば、リフォームは、単純な改装・改築を意味しているようです。別名「原状回復」と呼ばれる事があるように、古くなった状態を新しい状態に回復させるという意味なのでしょう。

 

例えば、古民家を住めるように改装するのは「リフォーム」。古民家を改装して、旅館や喫茶店にし、新しい価値を付けるは「リノベーション」。という事になるようですね。

 

  • リフォーム:古くなった物件の内装・外装・設備などを元の状態に戻す、または、改善する。
  • リノベーション:古くなった物件の内装・外装・設備などに、新しい価値を加えたり性能を向上させたりする。